TI/DI TAKANORI ITO DESIGN INSITITUTE

名古屋工業大学大学院 社会工学専攻 社会工学科 建築・デザイン分野 伊藤孝紀研究室

PROJECT WORKS

HOME >PROJECT WORKS >UR都市機構 New Normalの都市モデル

UR都市機構 New Normalの都市モデル

新型コロナウイルスの流行やSDGsの浸透による価値観・スタイルの急激な変化によって、まちの在り方は転換期を迎えている。そこで、都市部を対象としたNew Nomal な都市(エリア)モデルの作成手順を提案した。クリエイティブサロンや清掃活動など、継続的なまちづくり活動をおこなっている名駅南地区をケーススタディとして、過去、現状、開発動向といった地域"らしさ"を踏まえた内容としている。

UR都市機構 New Normalの都市モデル

アセット 16

行為・空間の具体的変化を検討し、空間モデルを作成

アセット 14

アセット 17

アセット 13

通りの集積により都市(エリア)モデルを作成

Step4軽量

期間 2020.8-
メンバー 井村春菜、杉戸亮介、長谷真彩
共同研究 UR都市機構

PAGE TOP